薄毛を名古屋で解消した方法を紹介します

ミノキシジルとデュタステリドの力で髪をフサフサに

本格的に気になり始めたのは20代後半デュタステリドとはミノキシジルとデュタステリドの力で髪をフサフサに

欧米では薄毛になったときは植毛という選択肢が一般的とのことです。
薬物療法による治療は最低でも6ヶ月は継続するように言われました。
医師からは最初のころは効果が出ないけど、地道にコツコツ継続するように言われましたね。
医師の話していたとおり、薬物療法を3〜4ヶ月続けてもあまり効果は見られませんでした。
抜け毛が減少したのは実感できましたが、髪のボリュームはまったく増えていません。
しかし5ヶ月目あたりから急激に頭皮状態が変化していき、髪質が変わってきたのです。
以前より髪にコシが見られるようになり、明らかに変化したと実感できました。
それからは日に日に髪が濃くなっていき、コシは次第に強くなっていったのです。
名古屋のクリニックに通い始めてから1年ほど経過しますが、今ではフサフサの状態に復活しました。
若いころの状態に戻ったようで非常に嬉しいですし、家族からもフサフサになったと言われましたね。
名古屋の発毛クリニックでの治療はシンプルで薬物療法のみでした。
食事改善やストレス解消などの対策はまったくしていません。
シャンプーも市販の商品を使用したままですが、ミノキシジルとデュタステリドの力で髪をフサフサにできたのです。

: おすすめのクリニックを10個紹介